手術を満足のいく結果にしたい人が知っておきたいこと

health woman

顔の治療

品川美容外科で起こった事件

顔のたるみを改善すると誘われて美容医療を受けたけど、痛みが残ったという理由で品川美容外科を告訴しました。告訴の内容は、フェイスリストといって特殊な糸を用いて、顔の皮膚組織にいれ、たるみを取るという方法です。患者側の弁護団によれば、施術を受けた40人が代金を数十万から400円万台に支払っています。勧誘されて応じた患者様が、多かったです。告訴する際、品川美容外科に対して主張する事は、是術前に合併症の説明を十分に行われなかった事を主張するという内容です。それと多くの患者様が、長期間痛みに苦しんでいる事も告訴の主張に含まれます。リスクに関する事実を告げずに勧誘した事は、消費者契約法に違反するとして、代金返還や慰謝料を求めています。今後の動向としては、勧誘しない事と施術後のリスクを必ず告げてから、施術を行う事が予測されます。

信頼回復の為の注意点として、必ずリスクを説明する事です。

品川美容外科がたるみの施術を受けた際、痛みが残ったという告訴をきっかけとして、信頼回復の為にはリスクを必ず説明する事です。気を付けることとしては、施術をするスタッフが、患者様が安心して受ける事が出来るようにする事です。例えば患者様の悩みや疑問点を受け止め、真摯に聞く事です。それと無理な勧誘をしない事も信頼回復の為の注意点となります。特に品川美容外科に注意する事、求める事は合併症の説明を必ずする事です。合併症を避ける為には、施術のメリットだけを告げない事です。それとこういった体質を持った患者様には、たるみの施術を受ける事が出来ない事も、告げておく義務があります。命を預かっている事を念頭に置くことが、信頼回復につながり、気を付ける点となります。