商品の仕入れには化粧品輸入代行業者を利用しよう【料金相場を紹介】

代行業務を選ぶ際に

化粧品

知識が必須の代行業務

現代では様々な国や地域、メーカーの化粧品が出回っています。国外から入ってくる化粧品には国内流通のようにすぐ販売できるわけでなく、自社で化粧品の輸入許可が取れない場合に、許可を取得している会社に代わりに輸入してもらい、その会社から卸してもらいます。そのような流れを化粧品輸入代行業務といいます。この化粧品輸入代行業務を行ってもらう場合、自社で許可を取る必要がないので、薬剤師や専門知識を持ったスタッフの配置などの人件費がかからず、煩雑な薬事申請も必要ありません。しかし、販売を行う際は許可を持っているのが化粧品輸入代行業者となりますので、「製造販売元◯◯輸入代行会社、販売元◯◯輸入代行依頼会社」と化粧品の表示はその代行業者との連名表示となります。一般的な化粧品輸入代行の流れとして、まず始めに、化粧品のサンプルと成分表を取得し、専門家への成分分析を依頼します。この化粧品のサンプル検査の工程がおよそ一カ月かかります。次に化粧品のサンプル検査を通過すると、行政書士事務所へ海外の製造元の会社などの必要書類を提出し、化粧品の輸入許可手続きを依頼します。こちらの作業は二週間ほどです。その手続きを通過すると次に商品サンプルの法定ラベルというものを行政書士事務所へ依頼します。最後に、通関業者に輸入代行手数料や輸送費、税金、通関費などの手数料を支払い、通関手続きと化粧品の輸入量決定を行います。このように様々な段階を踏んで、初めて化粧品の輸入代行が完了します。

PICK UP

代行サービスに関して

女性

化粧品輸入代行サービスを利用するということであれば、きちんとメリットなどを考慮して選択することが大事です。複雑な行政手続きに関しては書類に少しでも不備があれば許可が下りないということから専門サービスを利用することが大事です。

詳しく見る

代行業務を選ぶ際に

化粧品

国外の化粧品を輸入したい人は、国内で化粧品を販売する場合と大きく流れが違ってきます。正しいステップや手続きをしていないと、販売はできませんので、そのようなトラブルを避ける為にも、化粧品輸入代行業者を通して、化粧品を輸入する業者は近年増加傾向にあります。

詳しく見る

企業の発展の為に

メイク用品

美容に良いと海外では使用されていても、日本では未認可な化粧品も多くあります。SNSの発展により消費者は海外の情報を得るができます。その為、海外製品に強いニーズもあります。日本で販売できるように商品開発する為、サンプルを輸入するにも化粧品輸入代行は活用されています。

詳しく見る

代表的なトラブル

トラック

化粧品輸入代行サービスを利用する際は、ホームページを見て選ぶのが一般的です。誠実な業者かどうかは利用してみないとわかりませんが、トラブルを避けるためには会社概要をしっかりと明記しているところを選ぶのが第一のポイントです。

詳しく見る

Copyright© 2017 商品の仕入れには化粧品輸入代行業者を利用しよう【料金相場を紹介】 All Rights Reserved.